生命のコンサート音楽劇「環境ミュージカル」 | 特定非営利活動法人 国際連合活動支援クラシックライブ協会

Our Blue Planet銀河鉄道の夜に

公演日時:10月30日(日)14時開演
公演会場:東京ウィメンズプラザ ホール

お陰様で、好評のうちに終わりました。

ご来場の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

次回、3月に名古屋公演を予定しております。

Our Blue Planet 銀河鉄道の夜に

公演日:8月25日(木)、26日(金) 3回公演
会場 :としま区民センター多目的ホール

お陰様で、各回、満席にて終了いたしました。

ご来場の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

次回は、10月30日(日)(東京ウィメンズプラザホール)を予定しております。

《公演内容》
地球憲章の理念を元として、SDGsの目標を念頭に「持続可能な地球」などを目的とする啓蒙活動を行うと共に公演終了後、有識者の皆様とのシンポジウムを行う。

宮沢賢治の銀河鉄道の夜にと同じく、1900年父親はシベリアで密漁をして捕まり、結核の母親と貧しく暮しているジョバンニ。友達にいじめられているカンパネッラが川で友達を助けようとして死んだ!そのカンパネッラの魂と共に、銀河鉄道に乗る。
1900年から、1930年、1960年、1990年、2020年、と、駅に停まっていきます! ヒットラー、レーニン、第二次世界大戦、ベトナム戦争、ケネディ、サッチャー、そしてGAFA、スティーブン・ジョブズ。
5つ目の駅・目が覚めると1900年の草原にいる。カンパネッラは死んだ!ジョバンニは一人叫ぶ!僕は何を見たのか。どの時代も人間は変わらずに、自分の欲望を語っている。
いつから、人間は地球と共存できなくなったのか。
カンパネッラはどこに行ったのか?幸せって何だろう?未来の絵図が、地球環境の崩壊に伴ってAIの出現・貧富の差の拡大・富裕層の宇宙進出、に繋がっていくのでしょうか?核ミサイルをちらつかせて脅かし無謀な戦争に出るロシア・徹底抗戦するウクライナ、大勢の犠牲者を目の当たりにして、「銀河鉄道の夜に」、30年後の未来を、皆様と共に考えていきたいと思います。 
音楽は、尺八・和太鼓を取り入れています。音楽も変わっていくでしょう。