活動支援のお願い | DPI・NGO 国連クラシックライブ協会

活動支援のお願い

1991年、波多野元国連大使、鈴木東京都知事、及び土屋埼玉県知事よりの御助言を頂き、読売新聞社共催にて赤坂のサントリーホールで始められた「生命のコンサート」は多くの日本の若人の熱意に支えられて公演回数も100回を超えるに至りました。

今までご後援、ご協賛いただきました官公庁、企業の皆様に心より感謝いたしております。この間、私どもが実施させていただいたコンサート、シンポジウム等への参加者は1400人にのぼり、ご来場いただいた観客数は86000人を越えました。又、会場に設置した募金箱への募金は合計1400万を越え、これらは、高等難民弁務官事務所、ユネスコ、UNTAC等を通し、世界の恵まれない子供たちの教育資金として贈る事が出来ました。

コンサートの目的

参加者の「6歳から30歳」という年齢の若者に国連の資料をとおし世界の緒状況の中で私達日本人がいかに恵まれているかを知らしめ、努力して初めて得られる喜びを、またその喜びを仲間と分かち合うことで倍になる素晴らしさを実感させることです。そして学校や会社とは全く別の世界が存在する新しく出会ったこの舞台芸術活動に携わる事により、参加者も舞台の裏方も含め「もう一人の自分」と出会い、人生を大きく膨らせてもらう事により、将来のより良い文化人として将来の日本文化の担い手として成長してもらう事にあります。10年かかりましたが、ほとんど舞台経験のない参加者を200人までなら15回の練習と3回の舞台稽古で本番をこなせるようなシステムを作り上げました。これは昨年の東京国際フォーラムでの4回の公演にて実証されています。

又、今までご来場いただいた86000人にのぼる観客の方々も「生命のコンサート」会場にて初めて、国連賛歌、国連憲章前文をお聴きになったと思いますが、ご来場いただく観客の皆様に世界の状況、地球環境等への興味の第1歩を提供する事も私たちの大きな目的です。

昨今、国内の各地域では、バブルの時代に建築されたホール、公民館等の豪華施設が時代の流れの中、運営資金の減額により苦戦していると伺っております。ホールの運営上のプログラミングに専門家が少ないのも大きな問題ですが、例えば一過性の有名演奏家(クラシックに限らず)劇団等の公演と共に各地域で観客養成を地道に続けることも必要なはずです。このコンサート活動は青少年の育成を含め、各地域で参加者を募ることにより地域にみっちゃくした地域文化振興のためのニーズにも充分応えられるものと確信しております。

「生命のコンサート」の価値、実績を鑑みれば、これからの日本を担う若者のボランタリーな気持ちを最大限に生かし、必ず 将来の日本だけでなく、青く輝く水の星「地球」までをも守っていける世界的な文化的な人間を育てていくことに大きく役立つと思っています。

何卒ご理解を賜りご支援頂きたくよろしくお願い申し上げます。

国連クラシックライブ協会では、 我々の活動にご支援いただける個人・団体を募集しております。

■会員活動内容
総会への出席・シンポジウムの参加・生命のコンサート(赤毛のアン、セ ロ弾きのゴーシュ、そして森は生きている等)への参加、支援
■入会資格
活動主旨に賛同した18歳以上の男女、国籍は問わない。
■会費
年額10,000円(月額払いの場合は、1,000円×12ヶ月=12,000円)
NPO法人国連クラシックライブ協会・会員申し込みについて
ホームページ・往復葉書(住所・氏名・年齢・職業を明記)にて申し込みの上下記に年間費1万円を振り込んでください。
お振込み先:
特定非営利活動法人国際連合活動支援クラシックライブ協会
みずほ銀行 新宿支店 普通口座 5518872