2007年 ヨーロッパ帰国記念公演のお知らせ | 特定非営利活動法人 国際連合活動支援クラシックライブ協会

2007年 ヨーロッパ帰国記念公演のお知らせ

2007年8月10日

尾花輝代允ヨーロッパ公演帰国記念コンサート
Environmental Musical 
”The Forest is Alive - Our Earth Charter”

環境ミュージカル そして森は生きている



2007年8月10日(金)

東京オペラシティ リサイタルホール(京王新線初台)

開演19時30分(開場19時)

チケット 4,000(指定席) / 3,000円(自由席)

ゲスト:広中和歌子参議院議員/廣野良吉成蹊大学名誉教授/鳩山幸
総指揮/芸術監督:小池雅代
音楽監督/ヴァイオリン演奏:尾花輝代允
日本舞踊:若葉ひろみ

主催:劇団Y.P.A. 後援:NPO法人国連クラシックライブ協会

【2006年川崎公演を終えて】

ご来場いただきましたたくさんの皆様に暖かいメッセージをいただきました。
本当にありがとうございました。

2005年11月2日  国連日本政府代表部が環境ミュージカルを後援

国連活動支援クラシックライブ協会による環境ミュージカル「そして森は生きているーパートⅢー地球憲章」が国連ダグハマーショルド公会堂で開催されました。このミュージカルでは、日本や他の国の歌やダンスが、地球憲章や環境問題に関する対話と織り交ぜられながら進行してます。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校のドイツ、エチオピア、ナイジェリアからの留学生3人がこのミュージカルに特別出演しました。

国連活動支援クラシックライブ協会は1991年の創立から若者による芸術活動を促進してきました。国連における公演は4年に1回開催されており、今回が4回目です。 「そして森は生きているーパートⅢー地球憲章」は国連創立60周年を記念して開催されました。

このミュージカルは国連日本政府代表部、外務省、環境省、東京国連広報センター、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校日本研究センター、チャールズBワングセンター、株式会社エーロンの後援で行われました。

NPO法人 国際連合活動支援クラシックライブ協会
理事長 小池雅代

主催 NPO法人 国連クラシックライブ協会
後援 外務省・文部科学省・東京都教育委員会
助成 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金