顔合わせ報告と今後について | 特定非営利活動法人 国際連合活動支援クラシックライブ協会

顔合わせ報告と今後について

2020年3月18日

東京2020文化オリンピアード。3月15日までの自粛がその先にまた延期になりました。
公演は4月27日、28日ですが、コロナウイルスの終息は難しいと思える状態です。
せっかく練習始めていた仲間たちが、とりあえず出演者顔合わせに、集まってくださいました。
顧問のお二人、日本楽器奏者、ソプラノ歌手二人、雑貨屋フレデリック2世、駅員リチャード、ベル先生、ギルバート、牧師さん、素敵な男性たち。リンド夫人の長谷直美さん、マシュウの井上高志さんも駆けつけて下さり、熱い応援の言葉をいただきました。感激です。
その後、顧問の先生方とも、ご相談いたし、東京国際フォーラムと、日程変更のご相談に入りたいと思います。
日程変更などの進行状況は、随時お知らせいたします。
コロナウイルスにより先行き不安ではありますが、進行状況をどうぞお待ちください。よろしくお願いします。